無料 アクセス解析RMT

2008年08月26日

最後のフォークデュオ・平川地一丁目

 平川地一丁目が解散した。最後のライブが8月23日に東京であったのだけれど、私は、公開セミナー「ひょっこりひょうたん島の魅力を語る」の司会の仕事があり、泣く泣く参加を断念した。

 ライブの報告を読むと、ふたりはマイペースで、解散するとは思えないくらい自然体だったらしい。

続きを読む
posted by さとる at 01:14| 平川地一丁目

2008年05月26日

平川地一丁目インディーズ時代のアルバムを改めて聴く

 平川地一丁目の解散を知り、あわてて何とかお金の都合をつけ、彼らのアルバムの中で唯一持っていなかった、インディーズ時代、つまり「とうきょう」で2003年11月にデビューする前のアルバム「七つのひらがな」を買った。

続きを読む
posted by さとる at 23:46| 平川地一丁目

2008年05月20日

平川地一丁目フォーエバー

 人の生き方について、横からとやかく口をはさめるものではない、とよ〜〜〜くわかってはいても、どうにかならないものかと思ってしまうくらいショックだ。

 平川地一丁目、8月ツアーを最後に解散、起き抜けの寝ぼけた眼に、パソコンからびっくり仰天する言葉が飛び込んで来た。「マジかよ……」とつぶやきそうになった。心が大きく揺れた。公式サイトへ行ってみる。事実だった。

続きを読む
posted by さとる at 09:55| 平川地一丁目

2008年03月30日

平川地一丁目「うたかた」ではじける

 平川地一丁目はいつも、ひやひやしながら見守る感じで、ふたりの兄弟の類いまれなる才能が、活かされていってほしいと願い続けている。

 そんな中で出た半年ぶりのシングル「うたかた」は、キャッチーでかつ新鮮なサウンドが展開されていて安心した。何しろふたりの公式ブログなどを読んでいても、お互いに対抗意識バリバリなのがわかるから、それが「切磋琢磨」ではなく「不協和音」にならないかいつもハラハラしているもので。

続きを読む
posted by さとる at 00:00| 平川地一丁目

2007年10月18日

平川地一丁目「闇世に生まれて」の新展開と模索

 8ヶ月ぶりの平川地一丁目のシングル。ということは、兄・龍之介が高校を卒業し東京にも住まいを構え、弟・直次郎が高校2年となり2度目の映画出演も決まってから初めての CD ということになる。

 ふたり別々の活動も増える中、新しい平川地の方向を探っているかのようなシングルだ。

続きを読む
posted by さとる at 23:31| 平川地一丁目