無料 アクセス解析RMT

2011年07月10日

きたやまおさむ・山本コウタロー・山本潤子〜ライブの渋味とうまみを堪能

 7月9日、きたやまおさむ・山本コウタロー・山本潤子のジョイント・チャリティライブ「Songs for 福島」へ行って来た。

続きを読む
posted by さとる at 20:32| 私を支える歌

2011年05月16日

「上を向いて歩こう」と「見上げてごらん夜の星を」のちから(今日の日記はリアルタイムです)

今日の日記は、リアルタイム、つまり今日書いたものです。

 被災地の避難所での生活を続けている人はもちろん、この地震・津波・原子力発電所事故などで、何らかの被害や不利益や精神的衝撃を受け、それを乗り越えようと「がんばっている」人はたくさんいる。いや、もう「がんばら」ざるを得ずに、限界ぎりぎりまで「がんばって」いる人がほとんどだと思う。

 そんな時に「がんばろうニッポン」とか「頑張れ! 東日本」なんて言われても、どこかそらぞらしいものを感じてしまう。これ以上、どうがんばれと言うのか。せめて「共に生きよう」と言ってほしい。「押しつけがましさ」がメディアにあふれる中で、サントリー(個人的にこの企業をどう思うかは別として)が震災後に作ったCMは、「素敵だ」と感じる。

続きを読む
posted by さとる at 15:03| 私を支える歌

2011年05月05日

[4月3日の日記]スタートラインを引くためのとまどい

[4月3日]

 4月2日、『3年B組金八先生』の終了にちなんで、8シリーズすべてのテーマソングを歌ってくれるというので、海援隊のコンサートへ行った。「思うところあって」2000年から、小さい町ばかりで公演をしているので、東京の大きな会場(この日は渋谷の C.C.Lemon ホール)でやるのは10年以上ぶりというのに驚く。初めは武田鉄矢も興奮気味で少しうわずっていた。

続きを読む
posted by さとる at 11:10| 私を支える歌

2010年03月22日

温かく包み込んで支えをくれる鹿嶋敏行ライブへ行こう!

 時は昨年の8月。東京は下北沢のタウンホールで行なわれた、LGBT音楽祭。鹿嶋敏行さんが登場した。鹿嶋さんのことは、だいぶ前から知っていた。何年も前に「すこたんソーシャルサービス」のイベントに来てくれて、それからずっとライブの案内をまめに送ってくれていたのだけれど、なかなか行く機会がなくついついそのまま放置状態にしていた私だった。

続きを読む
posted by さとる at 02:32| 私を支える歌

2009年11月12日

マイケル・ジャクソン『THIS IS IT』に、清々しく……

 私とほぼ同世代の、故・マイケル・ジャクソンさんの映画『THIS IS IT』を雨が激しく降る中、観に行った。すごかった!

続きを読む
posted by さとる at 14:07| 私を支える歌

2009年10月02日

夢は本当にかなう〜宮淑子さんのライブから

 10月2日、長い付き合いの宮淑子(みや・よしこ)さんのリサイタルに出かけてきた。宮さんは、もともとは教育問題・女性問題を手がけるジャーナリストで、知り合って20年近くになる。

 この宮さん、もともと歌のうまい人で、カラオケに行くと、その選曲の意外さと歌唱力に驚いていたのだけれど、趣味としていたシャンソンに次第にのめり込み、50代に入ってからきちんと習い始め、2004年からリサイタルを始めた。そして2006年には、東京は新宿にあるシャンソニエ「Qui(き)」でプロデビュー。シングルCDも出し、今回で6回目のリサイタルを迎えた。

続きを読む
posted by さとる at 23:36| 私を支える歌

2009年08月07日

うれし過ぎるアンジェラ・アキの迫力ライブ

 先月(w-inds.)に引き続き、忙しい中の東京国際フォーラム。8月7日、初めて、アンジェラ・アキのライブへおもむいた。

続きを読む
posted by さとる at 22:21| 私を支える歌

2009年06月28日

マイケル・ジャクソンを聴き続けた私が考えること

 マイケル・ジャクソンが急死した。何を語ればいいのだろう。とてもじゃないけど、そのニュースを聞いてすぐに文など浮かぶはずもなかった。

続きを読む
posted by さとる at 20:12| 私を支える歌

2009年05月03日

忌野清志郎さんにたくさん学んだ

 忌野清志郎さんが亡くなった。はーーーっ、早すぎる。

 ガンだとはわかっていたけれど、彼はなぜか「不死身」で、きっと長生きして素敵なロックをまだまだ届け続けてくれる、と信じていたので、ショックだった。

続きを読む
posted by さとる at 23:07| 私を支える歌

2009年04月06日

アルバム『エンカのチカラ』のソコヂカラ

 ちょっと感動もののコンピレーションアルバムがある。『エンカのチカラ』といって、70年代編と80・90年代編とが発売されており(近く続編も発売)、大物演歌歌手がポップスのヒット曲をカバーした作品を集めたものだ。これがまた絶品!

続きを読む
posted by さとる at 12:00| 私を支える歌

2009年04月02日

桑田佳祐「ひとり紅白歌合戦」を聴くっきゃないよ!

 仕事のキャンセルなどで、久しぶりに時間が出来て、桑田佳祐「昭和八十三年度! ひとり紅白歌合戦」(昨年末に行われたエイズと闘うためのチャリティライブ)の DVD を見た。楽しいのなんのって、3時間がまさにあっという間だった。

続きを読む
posted by さとる at 15:20| 私を支える歌

2009年03月08日

アンジェラ・アキのアルバム「ANSWER」は懐が深い、奥も深い

 心に浮かぶ自分のさまざまな想い、そこから真摯につむがれる歌詞と美しいメロディ。アンジェラ・アキ「ANSWER」は、自在な表現に酔える会心の「名作」だ。

続きを読む
posted by さとる at 00:17| 私を支える歌

2009年03月02日

アンジェラ・アキ「手紙〜拝啓 十五の君へ〜」と関ジャニ∞「無責任ヒーロー」と60-70年代の洋楽ヒット曲

 3ヶ月……あっという間に経ってしまった。まず、それでもブログを見に来ていただいたたくさんの方に感謝したい。本当にありがとうございました。

 「再開」のエネルギーをためるのはいつもけっこうしんどい。その間のできごとは追い追い書くとして、この3ヶ月、私を支えた歌のことから始めたい。

続きを読む
posted by さとる at 22:27| 私を支える歌

2008年11月07日

アンジェラ・アキ「手紙〜拝啓 十五の君へ〜」のエバーグリーンさ

 プログを休んでいた間にどうしても書いておきたかった曲・アーティストたちもこれでラスト。アンジェラ・アキ「手紙〜拝啓 十五の君へ〜」。これは今年の最大の収穫のひとつと言ってもいいほどの記憶に残るべき「名曲」だ。

続きを読む
posted by さとる at 23:50| 私を支える歌

2008年11月05日

Hey! Say! JUMP「真夜中のシャドーボーイ」の巧みな曲構成

 私がブログを休んでいる間に、関ジャニ∞「無責任ヒーロー」以外にも馬飼野康二作品がヒットしている。Hey! Say! JUMP「真夜中のシャドーボーイ」である。

続きを読む
posted by さとる at 23:39| 私を支える歌

2008年08月28日

KinKi Kids「Secret Code」の新境地

 全体の構成は21世紀。でもベースにジャズをおいて、メロディもレトロさをまとっている。KinKi Kids「Secret Code」は、なかなかの新境地といっていい。

続きを読む
posted by さとる at 14:01| 私を支える歌

2008年06月09日

Hey! Say! JUMP「Dreams come true」「俺たちの青春」〜ヒット曲の見本

 今月は仕事がつまっていて、なかなかブログを書く時間がとれない。でもそれが当たり前なのであって、書きたい時に、書ける余裕がある時に、つれづれなるままに書いてこそブログなんだと思う。かつては毎日書かなくちゃなんて妙な強迫観念に縛られていたけれど、だいぶ心は解放されてきた。

 なわけで、めっちゃ遅れたけれども、Hey! Say! JUMP の曲のことである。

続きを読む
posted by さとる at 22:02| 私を支える歌

2008年05月31日

シンディ・ローパー復活を素直によろこぶ

 1980年代に大活躍したシンディ・ローパーの久しぶりのオリジナルアルバム『ブリング・ヤー・トゥー・ザ・ブリンク』が発売された。完全なオリジナルアルバムは、実質的に1996年以来12年ぶり、という復活にファンとしてはもう拍手喝采である。

続きを読む
posted by さとる at 22:39| 私を支える歌

2008年05月11日

Aqua Timez「虹」でだいじょうぶだよ

 最近、「だいじょうぶ」という言葉を改めて好きになりつつある。少し希望が持てなくなった時、心が迷った時、心配事があった時、「だいじょうぶだよ」と言われると、私の体の中の「気」が落ち着く。母親ゆずりなのだろうか(こちらのブログ参照)。

 その「だいじょうぶ」をキーワードにした、Aqua Timez の「虹」を、じわじわ好きになってきた。

続きを読む
posted by さとる at 00:00| 私を支える歌

2008年05月10日

なぜか竹本孝之

 今年初めに買った『竹本孝之 ゴールデン☆ベスト』を最近ひんぱんに聴いている。とりわけ車で仕事に向かう時によく聴く。

 竹本孝之と言えば、最近では NHK「中学生日記」で2001年から6年間にわたって生徒の立場に立って考えようとする教員を好演していたことでイメージしてもらえるだろうか。今もドラマや映画に数多く出演している(公式サイトはこちらから)。

続きを読む
posted by さとる at 00:00| 私を支える歌