無料 アクセス解析RMT

2011年07月14日

まっとうな提言をみんながバッシングして、この社会に未来はあるのか

 菅首相が今後の原子力発電に関して、昨日(13日)記者会見を開いた。「これからの日本は、原発に依存しない社会を目指すべきだ。計画的、段階的に原発依存度を下げ、将来は原発がなくてもきちんとやっていける社会を実現していく。これが、これからわが国が目指すべき方向だと考える」。そして、国民生活や日本経済に大きな悪影響を及ぼさないよう、今後の政府にも引き継いで、施策を練っていく……。


 ものすごくまっとうな提言だと思う。さらに、電力需給も、ピーク時の節電や自家発電の活用(発電している企業等はたくさんあり、余りがある)などによってじゅうぶん対応できるとし、来年以降は天然ガスを活用した発電所なども含めて計画を立てていきたい、と具体的である。原子力発電所の再稼働についても、今の法律だと原子力安全・保安院が単独判断しているけれど、それでは「大きな事故があった中、国民に理解されるとは思えない」から、菅首相を含む4人の大臣で判断し、保安員も経済産業相から分離する、と。

 そう考えるのに至ったのは「原子力事故のリスクの大きさを考えた時、これまで考えていた安全確保の考え方だけでは律することができない技術だと痛感した」からで、昨年決められたエネルギー基本計画(2030年に原子力発電を53%に)も白紙撤回する、と宣言した。


 自分は感動すらする。歴代の首相の中に、ここまできっぱりと政策の転換を述べた首相は何人いたのか。ところが、世の中は不思議で、みんなでこの記者会見にいちゃもんを付け、あげ足取りをしている。

 各新聞も、この内容が画期的であるという評価をせず、「菅流に反発」「脱原発 方法と根拠示せ」「電力不足 懸念の声」といった見出しの方が大きい。特に財界=経団連と、自民党、さらには民主党の一部も反対していて、「菅降ろし」を公言し、「菅辞めろ」という発言ばかりがくり返されている。

 ありえないなぁ、と思うのは、「菅降ろし」派が、菅首相を辞めさせることだけを目的にしていて、例えば「国民への人気取りだ」とは言うけれど、誰もエネルギー政策を述べない点。また、今菅を辞めさせたとして、次の首相を誰にするのか、その人のポリシーを聞かなければ、原子力発電に関して、どういう政策をとるのか判断できない。しかし候補も示されないし、政策も出されない。もうただ、「菅にやめてほしい」とダダをこねているだけに見える。


 だまされないでほしい。政治家や経済界やマスメディアが、なぜ菅首相を辞めさせようとするのか。原子力発電を推進し続けたいからである。菅首相は、自民党・民主党の中で、数少ない、電力会社あるいはその労働組合から金をもらっていない人間である。このまま居座られて、脱原発が定着しては困るから、菅首相を辞めさせようとしている、私にはそうしか思えない。

 もちろん、菅首相にも欠点や失策がたくさんあるし、リーダーシップ能力にも疑問はある。しかし、いま別の首相に変わったら、「脱原発」路線は霧消する、それだけは確実だ。


 だから、できるだけ長く、菅首相に開き直って首相を続けてもらうことで、この日本が「次の事故」で完全崩壊することを避けるしかないのだ。


 
posted by さとる at 14:33| 原子力発電