無料 アクセス解析RMT

2011年06月17日

伊藤悟、千葉県船橋市の6月15日付広報に驚く

 放射性物質は、福島第1原子力発電所からいまだに漏れ続けていて止まる気配もない。そこで働く人たちの被ばくも、何十人という単位で限界を超えている。つまり、放射性物質は、原子力発電所で働く人たちをむしばみ、空からほとんど日本中に降り注ぎ、汚染水となって地下からあるいは川から広がり、海もどんどん汚されている(海流に運ばれ世界中へ届く)。野に土に地面にたまり、空を浮遊しているものも雨が降れば大量に地上に到達する。農産物も水産物も、しっかり放射性物質を吸収する。汚泥にも含まれ、その汚泥はコンクリートとなって全国へ放射性物質を運搬する……生活の中で、放射性物質から逃れようがなくなってきた。


 私は密かに覚悟している。マジで原子力発電のために、死ぬか、死期が早まるかすることを。それは以前も書いた通りだ(もちろん日常生活でそれは見せない)。しばらくは絶望ばかりだった。しかし、ここへきて、「希望」もなくはないかなと感じられるようになってきた。


 昨日(6月15日)の朝、私は「広報ふなばし 2011.6.15」の1面を見て驚いた。福祉にしろ、災害対応にしろ、とにかく機動力皆無の船橋市が、市内の11地点で、保育園・小学校の大気と土壌の放射線量を、市独自に測定して、結果が出た大気の放射線量を公開したのだ。

 千葉県で放射線量を測定できる施設はたったひとつ。少な過ぎると県に要望して、県はやっと船橋市内で2ヶ所を測定。これでは少な過ぎると市で取り組むことになったらしい。校庭・園庭の地表面から1センチ、50センチ、100センチ、砂場の表面から1センチを測定。文部科学省発表値よりやはり2倍高い値が並んでいた。

 東京都でも、15日から都内100ヶ所の放射線量測定を開始。地上1メートルと5センチで測る。こうした「自衛」が全国の他の都市でも始まっている。

 さらに、こんなニュースもある。

 ▼国や電力会社に原子力発電所の運転停止を求める訴訟を、この秋、各地の地方裁判所で一斉に起こすために、全国弁護団(現在40人)が来月結成されることになった!

 ▼原水爆禁止日本国民会議や、作家・ミュージシャンなど(坂本龍一、瀬戸内寂聴、大江健三郎など多彩!)が「さようなら原発 1000万人アクション実行委員会」を結成。脱原発に向けて、1000万人の署名を集め、9月9日に5万人規模の「脱原発」集会を開催する計画。

 いよいよ応援しやすい枠組みが出来てきた手応えを感じる。やれるかも。


 一方、公務員が「君が代で起立する」ことを強制する条例を作ったのには抵抗がはなはだしくあるが、大阪府の橋下徹知事は10日「関西電力の節電要請について、大阪府は協力しない」と明言。関西電力は先に結論ありきで、「15%カットしなければ停電する根拠を何も示していない。目標設定のため関電に何度もデータ開示を求めたが協力を得られなかった。(節電を強調して)原発の必要性を訴えようという意図を感じる」と不快感を示した。

 これで大阪府が節電しなくても停電しなかったら、本当に原子力がいらないと分かってしまう!(このへんの話はまぐれさんからも情報をいただきました、ありがとうございます)


 そして、菅首相。15日夜、自然エネルギーによる電力を電力会社が買い取る仕組みなどを定める法案今の国会で成立させる決意を示した。「自然エネルギーという選択肢を育てる、その一歩になるという、この法案だけは、私は何としても通したい。これを通さないと、政治家としての責任を果たしたことにならない」「国会には『菅の顔だけは見たくない』という人がいる。『本当に見たくないなら、早くこの法案を通したほうがよい』と説得する作戦でいこうと思う」などと語った。

 賛成する。この法案を通すまでは、椅子にしがみついても総理でいてほしい、と私は思う。電力会社が電力の販売を独占していたから、エネルギー源も「利権」に成り下がってしまった状況を打破する大きな武器になる。確かに、震災直後の菅首相の対応は不備だった。しかし今は、菅首相を辞めさせてはいけない。彼はいい意味で、破れかぶれになっている。この法案だけでも通してほしい。

 なぜか。新しい首相候補たちは、昨日も書いた通り、揃いも揃って原子力発電温存派ばかりだからだ。脱原発派が候補になかなか入ってこない。経済産業省の官僚とその後にいる一部の財界人たちは、政治家を動かして原子力発電を推進するという、今どき狂気としか思えない方針をちらつかせている。ならば、菅にやれるだけやってもらったほうがまだ、いや相当ましである。メディアも巻き込んだ「菅下ろし」は間違いなく、脱原発に持って行かせない流れなのだと確信しつつある。ここにも「希望」だ。
posted by さとる at 01:18| 原子力発電