無料 アクセス解析RMT

2009年05月03日

忌野清志郎さんにたくさん学んだ

 忌野清志郎さんが亡くなった。はーーーっ、早すぎる。

 ガンだとはわかっていたけれど、彼はなぜか「不死身」で、きっと長生きして素敵なロックをまだまだ届け続けてくれる、と信じていたので、ショックだった。


 彼との出会いは、大学を卒業しようという頃、彼にはまっている知り合いの高校生から聴かされているうちに、自分も大好きになっていた。

 その頃もっともインパクトがあったのは、「雨上がりの夜空に」。RCサクセションというグループで彼が作ったものだ。「こんな夜に発射できないなんて」という直接的でエロい歌詞は、当時の自分にはこっぱずかしくもあったけれど、妙に引き込まれるのを抑えきれなかった。

 「声質フェチ」の私は、天然に味わいがあり、渋いのに骨太な、彼の声に惚れた。


 さらに時は下って、深夜放送の放送作家をしている時、「カバーズ」というアルバムが、原子力発電所を批判している曲があるからと、発売中止になった。レコード会社の東芝(当時)は原発にもかかわっていたからだ。

 私は「カバーズ」からカットされて発売されるはずだったシングル「ラヴ・ミー・テンダー/サマータイム・ブルース」のサンプル盤を手にしてぼう然とし、その後別のレコード会社から発売が決まってホッとしたものだった。

 洋楽に彼が詞を付けたこのアルバムは、今も私のベスト盤だし、彼の最高傑作のひとつだと思っている。「ラヴ・ミー・テンダー」を「何やってんだー」と変えて歌ってサマになるのは彼だけかも知れない。


 彼のすごいところは、理屈とか大義ではなく、自然に生きている中で感じたことを歌にし続けたことだ。エロさ爆発も、権力者への反発も、反戦も、ささやかな愛情のほとばしりも、夢も、一貫して日常の中で彼の心にひっかかってきたことが、歌として自動的に紡がれていたのだろう。

 その「ごった煮」さが大好きだった。それこそが「ロック」だと思った。飾りも、過剰な思い入れも、権力欲・名誉欲も、全く無縁、自然体が自然に「反体制」になるのは、それだけ体制=社会の方がおかしいからではないのか。

 そんな彼の姿勢を引き受けていきたいし、これからのロックアーティストにも引き継いで行ってほしいと思わずにはいられない。


 忌野清志郎さん、素敵なロックをありがとう、本当にありがとう。

posted by さとる at 23:07| 私を支える歌