無料 アクセス解析RMT

2009年03月25日

検察をいつも信じていいのか

 やはり、民主党代表・小沢一郎氏の続投記者会見を受けて、メディアは「辞めろ」の大合唱になっている。逮捕されてもあくまで「容疑者」であり、裁判で確定するまでは「有罪」と扱ってはいけない、なんて原則はみんなが忘れている。

 かつて「郵政民営化」こそが日本を救うぐらいの感じで、その問題点を指摘している人など全く無視してあおった時にまた似てきた。また、国民は乗せられてしまい、自民党政権は続いてしまうのだろうか。


 民主党が手放しですばらしい、とはもちろん言えない。しかし、政権を政党が交替で取るような体制ができなければ、一党独裁と変わらない。各政党が失政したらお灸をすえながら、政権交替をくりかえすことによって政治は確実に活性化する。

 その点で小沢氏の言っていることは正しく、この機に政権交替が起こらなかったら、日本の先は暗い。

 政権交替を検察が止めさせようとしている、私にはそう思えてならない。今回の小沢氏秘書逮捕からして、おかしいところだらけだった。


秘書を「逮捕」する必要があったのか
 「逮捕」は容疑者が逃げたり証拠隠滅をしたりする恐れが高い時にのみ行なえるもので、今回、小沢氏の秘書は任意での取り調べでも事足りたのではないか(これまではそうだった)。

検察庁の方針変更はなぜ
 これまで検察庁は、総選挙に影響を与える行動は謹むようにしていた(それで自民党が有利になることが多かった)。それがなぜこの時期に逮捕・起訴したのか。

なぜ小沢氏秘書だけなのか
 明らかに他にも西松建設から金をもらった議員もいるのに、なぜ小沢氏関係だけなのか、公共事業にかんする権限は与党・自民党の方が握っているのだから、金額は少なくても、よりわいろ性があるかもしれない。


 献金のためのダミー組織とその長期性が悪質、と検察は言うが、そんな団体は、自民党側にも少なからずある。検察が「正義」だけで動いているとはとても思えないのだ。
posted by さとる at 15:18| 理不尽なこと