無料 アクセス解析RMT

2009年03月24日

小沢一郎氏の記者会見を見て再開するブログ

 ほんの少し前、続投を決めた民主党代表・小沢一郎氏の記者会見を、リアルタイムでテレビで見た。自分の政治的信条を抜きにして、その姿を見た時、心を打たれた。


 麻生首相を初めとする多くの政治家には感じない「誠実さ」を感じた。くやしい気持ちをグッとこらえ、言いたいホンネもこらえつつ、本気で「大義」を全うしたいという想いが伝わってきた。

 じっくりと慎重に、ひとことひとこと、かみしめながら、万感の想いで語っているさまから、「CHANGE」で木村拓哉が演じた朝倉総理の長い演説を思い出した。


 まず、自分が民主党代表でありたいとか、総理になりたいという気持ちに執着していない、と強く語り、今まで政治家として生きてきて「最後の仕事」をやりとげたい、と続ける。

 自民党を辞めて以来ずっと、国民のための政治を目指してきた、「日本に本当の議会制民主主義を定着させること」を実現したい、「政権交替」しなければ議会制民主主義は定着しないだろう……。


 終盤に見せていた涙は、私には「ほんもの」にみえた。この人の「ピュア」な「気」を感じた。

 西松建設からの政治献金に関して、「隠していないし、使い道も全部公開している」で説明されているか、という彼の発言が適切かどうか、は分からないが、新聞記者の「民主党へのダメージは?」に対する「国民が決めること」というきっぱりとした答はその通りだと感じた。

 不思議と、この人に日本を任せてみたいな、と思えた。


 そもそもやはり今回の検察の動きは理解し難い。贈収賄(わいろによって西松建設が多大な利益を得る)が成立するかどうかもあやしい。誤解を恐れずに言えば、ダミーを作って政治資金を企業からもらっている政治家は、他にもたくさんいる。西松建設自身が自民党にも献金したと言っている。

 それがいい、とは言わないが、なぜこの時期に小沢氏だけ? と考えれば、やはり怪しいではないか。NHKの解説委員さえ、検察の捜査の「一貫性」が必要だ、と強調していたくらいだ。

 この世の中には「陰謀」は、ある。私たちは、大きな視点で、どんな政治家を選ぶのか、じっくり考え直さなければならない。

posted by さとる at 22:53| 理不尽なこと