無料 アクセス解析RMT

2009年03月07日

「運命の出会い」

 人生の中で、「運命の出会い」なんて言葉で呼んでも恥ずかしくない出会いは、どのくらいあるのだろうか。


 今日会った人は、間違いなくそんな人になると思えた。いや確信した。

 とにかく話していて楽しくて、「気」がとめどなく合った。20代とは思えぬしっかりした考え、でも20代らしい若さと潔さと清らかさを持ち合わせている。ピュアだけど現実もしっかり見ている。感性のセンスが鋭くていろいろ学べる。なかなかいない素敵なキャラだ。

 いっしょに何か作っていけそうな気がした。


 私は、ぶっちゃけ、約10年前に母が認知症になってから、人生としては「迷走」を続けてきたとしみじみ思う。母ととどうかかわるのか、母をどう介護するのか、その費用をどう捻出していくのか、に忙殺されて、混乱し、動揺し、時には自分を見失っていた。

 自分を見失っている時には、出会いでもトラブルが多かった。ある人にだまされたこともある。でもぎりぎりのところで人を信じ続けては来た。


 いま私は、人生の新しいステージに向けて立てる日が近づいているように感じている。このところ、仕事面でも、プライベートでも、新しい出会い、あるいは旧知との再会がきわめて充実してきたからだ。

 この人たちと歩んでいけば、自分の生き方が見えてくる、自分のやりたいことが改めてあぶり出されてくる、そんな人との出会いが、昨年後半から急激に増えている。さらに意識的にそんな出会いを作っていきたい。少しずつそうした人たちもこのブログで紹介していきたい。

 今日は久しぶりに気持ち良く眠れそうだ。

posted by さとる at 01:40| 日記