無料 アクセス解析RMT

2008年11月30日

w-inds.「Everyday/CAN'T GET BACK」カップリング曲のカラフルな魅力

 ブログをやっていると、中傷に近いメールに悩まされることも多いけれど、温かい人の輪に触れることができた時は、それを吹き飛ばしてくれるようなうれしさを感じられる。


 私が w-inds.「Everyday/CAN'T GET BACK」の通常盤が手に入らない、とブログに書いたところ(土曜日でも品切れや未入荷のところだらけ)、ゆずってくださる人が現れ、やっとのことで聴くことができた。本当にありがとうございました!

 さて通常盤に入っているカップリング曲は2曲。「Color」と「YES or NO」だ。


 まず「Color」。アコースティックな音にのっかって、フォーク調のメロディが細かく揺れるように変化しながら展開されていく。聴いてすぐに耳になじむほど、何かなつかしい、穏やかな気分にさせてくれる。

 でも決して「古い」感覚にはならない。配慮の行き届いた音がカラフルに配置されていたり、サビ後には英語でのラップが入っていたりと、新時代のラブソングは、そーっと優しく、新しい旅立ちへの決意を後押ししてくれる。3人の声のからみ方も、今までで最高とさえ言いたくなるくらい極上だ。

 この曲にどんなパフォーマンスがつくか、想像しただけでワクワクする。美しく想像力をかき立てるメロディに、3人が身体表現を付けたら、とんでもなく「伝わる」楽曲になりそうだ。


 「YES or NO」は一転して、リズムがすぐ身体を捉える。サザンオールスターズをほうふつとさせるような「英語風」日本語、つまりアクセントを強烈にリズミカルにした歌い方が、くせになる。

 そして曲の長さが意外に短い。この手のリズムを強調した曲は、いくらでも引き伸ばせるのに、3分と少しで「もっと聴きたいなあ」と思うところで潔く、カットアウトで終わってしまう。なかなか「味なまね」だ。

 短い中に、愛情表現のこもった歌詞と、たくさんの心地よいことばたちが、上手にコンパクトにつめこまれている。カップリングの2曲も、「Everyday」と「CAN'T GET BACK」のように、静と動の w-inds. を見せてくれる。それも、また切口を変えて。うーん、確かに充実した4曲だ。


 今回のシングルの充実度はただものではない。来年以降、さらに飛躍した w-inds. を見せてくれることだろう。

posted by さとる at 23:34| w-inds.