無料 アクセス解析RMT

2008年11月05日

Hey! Say! JUMP「真夜中のシャドーボーイ」の巧みな曲構成

 私がブログを休んでいる間に、関ジャニ∞「無責任ヒーロー」以外にも馬飼野康二作品がヒットしている。Hey! Say! JUMP「真夜中のシャドーボーイ」である。


 ネアカの「無責任ヒーロー」に対して、こちらは渋いテイストがあふれ、歌謡曲的「哀愁」が強調されている。

 それにしても自分と馬飼野サウンドとの波長の合い方はハンパではない。どの曲も必ずすぐに、サビのメロディに引き込まれてしまう。どうしてこれだけ魅力的な音符のつながりを長期にわたって作り出せるのだろう。驚異としか言いようがない。


 さらにこの曲では、編曲にも馬飼野康二がかかわっているせいか、構成も複雑で輝いている。


 「○○○○○ チェリー」の2回くり返しで始まるのだけれど、いきなりサビから来たかと思わせるポップさ。この最初のメロディを2回くり返した後、ブリッジがあってサビとなるのだけれど、その3つの部分が微妙に曲の色もリズムも違っている。

 その感じが違う3つの部分が見事につなぎ合わせられていて、3曲分楽しめるといっても過言ではない構成になっている。ちょっとダークな感じに抑えたバックサウンドが、サビに近づくにつれて高揚するようにサウンドを厚くしていき、サビでは素直な「伴奏」になってホッとさせる。見事だ。

 ひたすら愛する相手への想いを伝える詞にもうまくマッチしていて、つなぎに入るラテンフレイバーやボコーダー使用の声など工夫もちりばめられていて心憎いばかり。


 Hey! Say! JUMP のメンバーも少しずつ表現力を増している。すごいよね。当たり前だけれど、活動していくうちに歌唱力が付いてくるんだから。多層で複雑な馬飼野サウンドを歌いこなしている。

 ちなみに、カップリングの「スクール革命」も、あざといばかりに聴きやすいフレーズをつめ込み、刺激的な歌詞ととともに楽しく聴ける。光 GENJI を思い出させる佳曲。


posted by さとる at 23:39| 私を支える歌