無料 アクセス解析RMT

2008年09月28日

大野靖之、いよいよ打って出る![前編]

 1週間で3回もライブに行ったのは、初めての体験だ。その「トリ」が、3年以上応援し続けている大野靖之さんであることは、何となくうれしい。9月28日、TOKYO FM ホール(東京都千代田区)大野靖之ライブ「歌でしか伝えられない」は刺激的だった。


 まずはライブの流れに沿って。

 いつものパートナー後藤康二さんのギターが鳴って開幕。「さっそうと」大野さんが登場して「弱虫な時代」が始まる。インディーズ時代の曲だが、この骨太な曲をトップに持ってきてくれたのがうれしい。それもいきなりワイルドでエネルギッシュに歌い出す。このライブにかける気合いがハンパじゃなく伝わってくる。

 すぐに気付くのは、身振り・手振りにまで「気」を込め、練られたスタイルになっていること。視線も姿勢もステージ上の歩き方も、考え込まれ、練習されていることがわかる。曲終わりも、一息でビシッと決めて音楽が止まる。実にカッコいい。このライブはもしかして大きく変化しているのではないか、そんなことを予感させる。


 最初の5曲までは、ギターも持たずピアノも弾かず、ヴォーカルと身体そのものとで、全力投球の表現を、これでもかと届けてくれる。

 フレーズとフレーズのつなぎ方も CD あるいはこれまでとかなり変えていて、メロディを加えたり、音を伸ばしたり縮めたり、リズムを微妙に変化させたり、どの曲も新しい解釈が施されている。その結果、曲がどれも無理とスキが完ぺきなまでになくなり、実になめらかに聴くことができる。


 顔つきも厳しい。時として恐いと感じてしまうくらいまっすぐだ。学校ライブの連続で心配されたのども万全で、力強くやさしく美しく、声が届く届く。

 声質そのものの魅力を堪能でき、声を出し切った時や、高音ののびの見事さは、迫力十分で、もう「快感」というしかない歌唱だ。すげっ。

 この衝撃は、3年前、初めてインストアライブで大野さんの声を聴いた時に匹敵する。それほど「新しい」大野さんがいた。


 彼は、過去にこだわりたくない、と語った。「歌う道徳講師」と言われ、メディアはどうしても過去に関心を持つけれども、もう未来へ向かって進んでいる自分を見てほしい、そう強く宣言した。

 大野さんはライブ2日前のブログにも「幼い頃からの夢を実現させるために、歌う道徳講師ではなく、シンガー大野靖之をとことんやり遂げたいのです」と書いている。

 すごく共感した。ある面ではいろいろ言われることを覚悟で、「貼られてしまった」レッテルから抜け出したい、と宣言したわけだから、並の決断ではない。


 実際ライブはその宣言を体現するように展開していく。私の冒頭の予想は当たったことになる。

 5曲目に「未完成のパズル」という比較的早い時期の作品で印象的な曲が歌われる。かつて作った自分の曲をうれしそうにいつくしみながら、楽しそうに大事に歌う大野さん。ホッとする温かさが満ちる。そして初めてピアノを弾いて「頑張れなんて言えないよ」。


 そして次に「22歳のひとり言」が来る。いつもはフィナーレ近くに必ず置かれていた、彼と家族のかかわりを歌う15分の大作だ。全16曲中の7番目、前半ラストという位置にこの曲がおかれること自体に、彼の並々ならぬ決意が現れている。

 それも、曲の前にも後にも、彼は家族のことをいっさい語らなかった。母親が乳がんでなくなったことさえも。まさに「歌でしか」伝えなかったことになる。大正解だと思う。

 何しろ今回の「22歳のひとり言」はすごすぎた。彼の歌唱とピアノは、穏やかなところでも盛り上がるところでも、これ以上ないくらい全身全霊が投入され、激しく強い想いがこめられていた。何にも頭に浮かばずただ見て、聴くのみだった。これだけの表現をされたら、容易に彼の世界に入り込み、彼の「過去」を共有することができる。


 原点を初期の曲で確認して(8曲目も「美しすぎる命たちへ(2008年バージョン)」)、大野さんを飛躍させた「22歳のひとり言」を、このライブという地点で超え、未来を探ろうとしていることがはっきりとわかった。それは後半でさらにはっきりと形を表してくる。


 続く9・10曲目のカバー曲2曲にぶっ飛んだ。尾崎豊の「十七歳の地図」とさだまさしの「天然色の化石」。大野さんに影響を与えた2大アーティストだ。前者は、尾崎のライブをリアルタイムで見続けた(大阪まで追いかけた!)私としては、立ち上がってシャウトしたいくらい、大野さんは「ロック」していた。マイクの使い方やしぐさも「ロック・アーティスト」になり切っていた。

 これを聴けただけでもうれしすぎるのに、「天然色の化石」は、メッセージ色を強く前面に出し、軽快なリズムに乗り切って、センス抜群に歌ってくれる。大発見だ。

 そしてもっとも新しい曲と思われる「生きていれば」。大野さんが尾崎豊から DNA を受け継いで(さだまさしも取り入れ)発展させている、言葉たくさん・メロディポップ・メッセージいっぱい、の3拍子揃った覚えやすい曲で、本当に気持ちが良かった。この14曲目で、未来に向かっている大野さんが全開になった。


 15曲目「心のノート」を絶唱して締めて、アンコールは「また逢える日まで」。声が本当によく出ている。ここまで16曲中、ピアノ弾き語りもギター弾き語りもともに3曲ずつ。ヴォーカルにかけたこの路線、大正解だ。歌でしか伝えられないものを確かに伝えてくれた。

 大野さんの本が出た。オリコンブログをまるごと3年分『頑張れなんて言えないよ』(扶桑社)としてまとめたものだ。私とのトークライブの記事も載っていてちょっとうれしくなる。この本を買ってサインをしてもらう時、大野さんと言葉を交わした。「この路線ですよ」「この路線ですよね」。彼は、見事に新しい地平に立った。

ohno_blobbook.jpg


 とまとめたところなのだけれど、この記事はまだ終わりません。実は私は告白しなければならないことがあります。それは明日!





posted by さとる at 23:51| 大野靖之