無料 アクセス解析RMT

2008年07月13日

BRUG にみるライブの原点

 久しぶりに、私がもう1年ほど応援している男性デュオ、BRUG のライブへ出かけた。

 千葉県の津田沼駅にほど近いデパートの入り口。このデパートは週末になると、1階と2階にある大きな入り口で、期待のミュージシャンのライブがある。なかなか粋な企画だ。


 到着すると1階正面入口の左側でふたりがライブの準備をしている。担当の人がケアしている以外は、ほとんど路上ライブといっしょだ。


 臆することなくふたりはギターを弾き、歌い始める。始まった時点でしっかり聴いている人は私を含めて5人だ。友一郎のギターも、KAzukI の声も冴え渡っている。

 不思議な感覚だ。音楽がデパートの入り口から、横を走る道や近くの駅や歩道を歩く人たちへと、波のように広がっていく。暑く晴れ渡った空がまぶしい。ライブというと夜が多い中で、妙にすがすがしい。

 時折ふたりは「1曲でも僕らの曲を聴いて行ってください!」と通りかかる人によびかける。そこにはいい意味での自信があふれていて、とってもすがすがしい。音楽が好きでしかたがないという「気」にもあふれている。


 きらめくギターと、伸びがある高音に磨きがかかったヴォーカルに、ほとんどの人がいったんはふたりの方を見ていく。立ち止まって聴き始める人も現れ、中盤には10人を超える。

 好きな音楽をやり、みんなに聴いてほしい、とどこででも歌い、演奏する。音楽の原点だよね。


 終盤、楽しいことが起こった。中学生のグループが立ち止まった。KAzukI が話しかけると、女子バドミントン部だという。「あと1曲だけど聴いてって!」と頼むと、リーダーらしい女の子が「じゃ聴いていこう」と、みんなに「かわいらしい」「指示」を出す。

 10人以上の子たちが、最後の曲に聴き入る。ライブは盛り上がって終わった。ふたりはその場に残っている人たちにチラシを渡し話しかける。そうやってファンを地道に作っていく。話を聴いていると、丁寧で、本気で、そしてあったかい。

 BLUG の魅力を再認識した感じだ。知り合って1年、ふたりとも絶えず成長を続けている。優しい気にあふれたデパート前で、私はきっとふたりがメジャーになる日が来ると確信した。


▼ぜひ BLUG のライブを見に行ってください! 曲も聴けるサイトは「こちら」から!

▼3年前、やはり千葉のデパート前で同じようにライブをした青年がいた。私は1曲聴いただけで、その声や曲がただならぬパワーを秘めていると感じた。それが大野靖之さんだった。明日は、その大野さんについて。

posted by さとる at 23:43| BRUG