無料 アクセス解析RMT

2008年05月13日

w-inds. の知られざるニュース

 w-inds. が、5月8日、東京都永田町の首相官邸(!)で、ライブを行った。福田首相と中国の胡錦濤国家主席が参加する日中晩餐会で、中国人歌手のジェーン・チャンとともに、何曲か歌ったという。かなり異例のことらしい。

 知らなかった。Nさんからメールで教えていただいて初めて知った次第だ。この件を報道したのは、調べた範囲内では、「スポーツ報知」と「日刊スポーツ」だけ。『オリコン』も日刊スポーツを引用しただけだ。


 いま日本と中国がどんな関係を築いていったらいいのか、大きな岐路にさしかかっている時に、首相と主席の間でどんな交流があったのか、もっと注目されてもいいのではないだろうか。

 とりあえず内容を、数行の「日刊スポーツ」ではなく「スポーツ報知」から紹介すると、w-inds. が起用されたきっかけは、2007年3月の北京展覧館劇場での「日中文化・スポーツ交流年」のオープニングイベントへの出演、同年11月の人民大会堂での「グランドフィナーレ・コンサート」への出演からだという。これも知らなかったなぁ。

 新曲「アメあと」を歌った時にサビの部分を北京語で歌ったり、ジェーン・チャンと Kiroro の「未来へ」を競演したりなど、充実したライブだったようだ。3人は超緊張したと語るが、参加者から大きく評価されたという。晩餐会の前にも、早稲田大学の「日中青少年友好交流年」の開幕式オープニングで3曲を歌っている。


 もともと w-inds. は、中国だけでなく、香港・台湾・韓国などアジア各国で精力的に活動を行ってきて、各地での人気も高い。しかし日本のメディアは、それをささやかにしか報道してこなかった、という経緯がある。

 首相官邸でのライブ、というのもめったにないニュースだけれど、音楽を通じてアジア各国と地道に交流を続けてきた彼らのこれまでが、東アジアの相互理解に貢献してきたことも間違いないわけで、メディアのニュースを選び取る感覚はずれている、としか言いようがない。

 ぶっちゃけて言えば、ずれていると同時に、芸能界/音楽業界で大きな力を持っているところへ配慮しての「確信犯」かもしれない、という疑惑もぬぐいされない。


 少しでもこのブログで、こうした知られざるニュースを発信していきたい。教えてくださったNさん、ありがとうございました!

posted by さとる at 23:00| w-inds.