無料 アクセス解析RMT

2008年04月25日

大野靖之、伝え続ける

 大野靖之さんが、明日4月26日土曜日以降、朝日放送/テレビ朝日系「発見!人間力」に登場する。新番組の第2回で、タイトルは「いのちを歌う〜涙の学校ライブ〜」(大野さんのこれまでやシンガーソングライターとしての想い、そして学校ライブなどのドキュメンタリー)。

 全国放送だけれど、放送日や時間は地域よって異なるので、詳しくは「こちら」を。ちなみに朝日放送や北海道放送は27日朝6時から、テレビ朝日は26日朝6時から……。ぜひ見てほしい。大野靖之という地球を救うかもしれないシンガーソングライターを。


 現代はどんなにすばらしい文化(書籍、絵画、音楽……)でも、メディアに乗らないと、なかなか多くの人に知られるようにならない。はがゆいことだけれども、善かれ悪しかれ、顔が知られないことにはどうしようもない。

 3月26日にアルバム「僕が今 出来ること」を出してからというもの、プロダクション(オフィスコットン)もレコード会社(ユーキャン)も、大野靖之という名前を全国区にするために、惜しみない努力を続けてくれている。

 私は芸能界・音楽業界にかかわったことがあり、今も人脈がある身として言うと、こんなにアーティストと向き合って、ケンカもして、いいものを真剣に世に出そうとしているプロジェクトチームを見るのは初めてだ。


 そしてそれに大野さんも応えて、音楽作りも、テレビ・ラジオ出演も、そして学校ライブ(そこでの子どもたちとのかかわりが彼の原点となりポリシーとなっているところがすばらしい)も常に全力投球でやりとげている。心も身体もタフでなければできないことだ。

 どうしてタフになれるのか、答はそんなに難しいことではない。愛を、人間を、夢を信じることだ。自分の想いや自分らしさを歩いていく道のど真ん中にすえることだ。

 大野さんは4月19日で、26歳になった。私の彼への想いを込めて書いたバースデイコメントを紹介しながら、私が彼から学んできたこと、それを学ばせてくれた彼のすごさを感じてほしい。


大野さん、誕生日おめでとう!
早いものでまもなく出会ってから3年。
その3年は、自分としては人生の中でも、
かなり苦しい時期でした。
だから大野さんの声に歌に「気」に、
本当にエンパワーメントされてきました。
素晴らしい「縁」だったと感じています。

そして今、自分も「覚醒」するかのように、
大野さんのアルバム発売に合わせるかのように、
すがすがしい気持ちでいます。
状況は相変わらず苦しいけれど、
自分の生き方に芯が通ってきたんです。
いろいろな理由がありますが、
中でも大野さんの、夢をあきらめない姿勢に、
大きな影響を受けています。

これからが本当に闘いですね。
大野さんらしさを失うことなく、
素晴らしい音楽を、
地球や人間を救う音楽を、
創造し続けてください!

私は最近やっと、
大野さんと同じ歳だった頃の、
闘う気持ちを思い出しました。
だから、応援……というより、
いっしょに闘って行きましょう、
とあえて言いたいです。


長くしんどい闘いだけれど、
闘う勇気を大野さんにもらえて本当にうれしいです。
本当に、本当にありがとう。

posted by さとる at 00:18| 大野靖之