無料 アクセス解析RMT

2008年03月29日

大野さん、失礼しました

 昨日の大野靖之さんの記事に訂正・修正があります。


 私はアンコール曲を「明日へ漕ぐ舟」と書いたのですが、大野さん自身のブログによればタイトルは、「また逢える日まで」になっています。つまり、間違いました。ごめんなさい。

 「明日へ漕ぐ舟」と歌詞で似ている部分があったので、思い込みでそうなってしまったのだと思います。大変失礼しました。


 ちょっぴり言い訳をすれば、「明日へ漕ぐ舟」を想起させるアンコール曲だったことで、「インディーズ時代の大野さん」を「今の大野さん」がどうとらえて、どう活かすか、という主題を強く感じてしまったということでしょうか。

 それからアルバムの中で「弱虫な時代」だけが歌われなかったのはなぜか、と書きましたが、こんなことを書けるようになったのも、アルバムが発売されたからこそであることに改めて気付きました。

 さらにさらに大野さんが飛翔していってほしいし、それに合わせて自分も飛翔したい、まだまだこれからだ、と思っています。改めて感謝します。夢と希望にあふれた素敵なライブを、ありがとう。

posted by さとる at 00:29| 大野靖之